本文へスキップ

分析試験・調査試験・分析調査・評価サービス、化学分析、物理分析、機械試験、疲労試験、腐食試験、スンプ検査

電話でのお問い合わせはTEL.025-544-6623

〒942-8510 新潟県上越市港町2-12-1

事業案内Service info

日鉄住金テクノロジーはお手伝いします

こんなときに こんな方法で・装置で



■金属材料、無機材料、有機材料、新素材等の成分が知りたい
■溶液中のイオンが知りたい
■炉中のガス成分が知りたい
■化学分析、機器分析(QV等)の標準試料が欲しい
■粉塵の濃度が知りたい
■出向して分析して欲しい
●発光分光分析
●原子吸光分析
●プラズマ発光分光分析
●イオンクロマトグラフ分析
●ガスクロマトグラフ分析
●カントポート
●その他の分析装置
 物
 質
 同
組定
織・
■ミクロ組織、結晶粒度、非金属介在物、マクロ組織等を知りたい
■金属酸化物、腐食生成物を同定したい
■材料の集合組織が知りたい
■材料中の析出物を同定したい
●各種光学顕微鏡
●自動研磨装置
●X線回折
●透過電子顕微鏡(TEM)
●分析電子顕微鏡
局表
所面
分・
析 
■破面の形状から破損の原因を解明したい
■材料の成分偏析が知りたい
■極表面の酸化層や汚染物質が知りたい
●走査電子顕微鏡(SEM)
●二次イオン質量分析(SIMS)
●X線光電子分光分析(ESCA)
●X線マイクロアナライザー(EPMA)



■材料の変態点を知りたい
■物質の吸発熱特性を知りたい
■粉体の粒度、比表面積等が知りたい
■残留応力を測定したい
■材料の電磁特性をしたい
■熱伝導率、熱膨張率、高温ヤング率等が知りたい
●熱膨張計(トランスマスター)
●示差熱天秤
●粉体特性測定装置
●歪ゲージ
●電磁特性測定装置
●熱特性測定装置






■引張試験(低温〜高温)、圧縮・曲げ試験、衝撃試験、硬さ試験、磨耗試験が必要なとき
■疲労試験(回転曲げ、曲げ、捩り、引張、引張圧縮)、が必要なとき
■材料の破壊靱性データが必要なとき
■材料の溶接条件を決めたい
■薄鋼板のプレス成形性がしりたい
■クリープ試験、リラクセーション試験が必要なとき

■材料の切削性データが必要なとき
■大型構造物の疲労・破壊試験を行いたいとき
●各種材料試験装置
●磨耗試験機
●各種疲労試験装置

●COD試験機
●各種溶接機
●高速深絞り試験機
●クリープ試験機
●リラクセーション試験機
●NC旋盤、NCボール盤
●10000トン横型引張試験機



■塩水噴霧試験、湿潤試験等のデータが必要なとき
■耐候性データが必要なとき
■耐水素誘起割れ性(耐HIC)が知りたいとき
■高温・高圧等の腐食環境下での材料の耐食性を知りたいとき
■腐食環境下での材料の疲労強度を知りたいとき
■大型部品の高温、低温の耐久性を確認したいとき
●塩水噴霧試験
●大気暴露試験(北海道〜沖縄)
●硫化水素試験装置
●オートクレーブ腐食試験
●腐食疲労試験
●その他の腐食試験装置
●超大型恒温恒湿試験装置




■材料の組織状況を観察したい
■備え付けたまま設備のメッキ厚、被膜厚を測定してほしい
■表面粗さを測定してほしい
■材料の肉厚を知りたい
■Mo入りステンレス鋼かどうか知りたい
■割れの有無を検査してほしい
■熱交換器の割れ、腐食検査をしてほしい
■計測器、加熱炉の検定をしてほしい
●スンプ検査
●膜厚計(1μ〜5mm)

●表面粗度計(2次元、3次元)
●ポータブル超音波肉厚計
●Moチェッカー(弊社開発)
●マグナ検査、浸透探傷検査
●内面渦流探傷機
●各種検定用機器






■熱処理をしたい

■試験片、治具等を作成したい
■低合金鋼、高合金鋼、非鉄金属材料を溶製したい

■鍛造、圧延をしたい
■表面硬化やメッキをしたい
■各種塗装試験をしたい
●各種熱処理炉(max、炉容0.4×0.3×1.0m、1400℃)
●各種工作機械
●真空溶解炉(max、150kg)
●大気溶解炉(max、2500kg)
●熱間圧延機
●化成処理装置
●電着塗装試験機
コ調
ン査
サ・
ル研
テ究
ィ 
ン 
グ 
■腐食原因・破壊原因調査をしたい
■プラントの寿命予測をしたい
■新しい材料の各種物性を知りたい
■材料の分析方法、使用上の問題について相談したい
■材料選定、VAにつき相談したい
■研修会開催、講師派遣してほしい


調



■土地の地歴調査をしたい
■土壌・地下水汚染の分析調査をしたい
 ・揮発性有機化合物(VOC)
 ・重金属等
 ・農薬等
 ・ダイオキシン類
■地下水のモニターをしたい
■汚染土壌・地下水の浄化をしたい
■土壌の油分を調査したい
■残土分析をしたい
■農産物の残留農薬を分析したい
■シックハウス対策をしたい
■トランス油の劣化診断をしたい
■ダイオキシン類の調査をしたい
 ・焼却炉の排ガス、焼却灰、飛灰
■アスベスト測定をしたい
■絶縁油PCB分析をしたい
●空中写真
●ボーリング調査
●GC−MS
 ガスクロマトグラフ質量分析法
●PID−GC
 光イオン化検出ガスクロマトグラフ法
●ICP−MS
 誘導結合プラズマ質量分析法
●HRGC−HRMS
 高分解能ガスクロマトグラフ質量分析法

●超臨界流体抽出 GC−MS
●液体クロマトグラフィー


●X線回折法
●ECD−GC
 電子捕獲型検出ガスクロマトグラフ法



■作業場の環境を測定してほしい。
  ・粉塵の濃度
  ・発がん性物質(アスベスト測定含む)
  ・塗料のミスト
  ・作業場の音
  ・明るさ
  ・暑熱
●重量法及び相対濃度指示法
●重量法及び相対濃度指示法
●ガスクロマトグラフ分析
●吸光光度分析
●騒音計
●照度計
●乾湿計



■水の成分が知りたい
  ・一般項目
  ・重金属、有害物質
■汚泥が問題なく廃却可能かを知りたい
  ・重金属・有害物質溶出試験
■井戸水の成分が知りたい
  ・46項目
■飲料水として適しているかを知りたい
  ・15項目
●重量法
●原子吸光分析法
●吸光光度分析
 
分食
析品
・異
評物
価の
■食品・製品の混入異物検査をしてほしい
■製造・加工ラインでの異物混入調査をしてほしい
例/調理食品、加工食品 特に、冷凍調理・加工食品等、練り物・ミンチ状にすりつぶす加工食品や海産物への異物混入
 
●金属は、走査電子顕微鏡,プラスチック・有機物は赤外線吸収スペクトルなどを使って試験・検査。
例/石英質の石材、鉄錆、陶器片、塗膜・塗料、ガラス片(びん、グラス、窓ガラス等の特定)、たわし片(ステンレス,真鍮,アルミ等の特定)、ホチキス針(日本製,外国製,熱履歴有無等の特定)
評信
価頼
試性
験 
■電気・電子部品の含有成分を分析してほしい
■電子部品素材の含有成分を分析してほしい
■製品中の補材、梱包材の含有成分を分析してほしい
■信頼性試験、環境試験をしてほしい
●誘導プラズマ発光分析
●誘導プラズマ質量分析
●原子吸光分析
●恒温恒湿槽、冷熱衝撃試験他









■各種フィルムによる撮影を電子化したい
■各種計測システムがほしい





■試験機制御システムがほしい




■化学分析システムがほしい

■業務・生産・設備関係のシステムがほしい





■画像の編集やレイアウト、画像解析、画像計測などが行えるソフトウェアがほしい
 
●フィルムレスシステム
●熱膨張測定システム
●Cスキャン超音波システム
●HICミクロ割れ率集計システム
●電磁気測定システム
●3次元表面粗さシステム
●各種計測測定システム
●硬度計システム
●高速深絞りシステム
●COD試験システム
●引張試験システム
●シャルピーフルカーブシステム
●分析試験総合管理システム
●放射能測定システム
●確性総合管理システム
●販売管理システム
●固定資産システム
●生産管理システム
●購買管理システム
●設備管理システム
●フォト工房
●粒子解析
●黒鉛球状化率測定
●エアーボイド(硬化コンクリート気泡間隔係数計測システム) 

Nippon Steel & Sumikin Technology Co.,Ltd.日鉄住金テクノロジー株式会社

〒942-8510
新潟県上越市港町2-12-1
TEL 025-544-6623
FAX 025-544-6644